2017年10月14日(土) 開催


活動報告 更新10月7日

2017年10月07日  濱田隆之氏 【2017アイアンマン・コリア・グレ大会レポート!!】を投稿欄に掲載

2017年09月10日  丹羽良志輝氏 【2017ITUロングディスタンスエイジ別世界選手権レポート!】
                                                             を投稿欄に掲載


2017年09月07日  小川忠吉氏  【IRONMAN CANADA WHISTLERに行ってきました!】を投稿欄に掲載

2017年09月05日  冨田宏氏    【2017IRONMAN70.3 QUJINGへの旅!】を投稿欄に掲載

2017年08月14日  塚原登氏    【2017Ironman Cebu70.3報告!】を投稿欄に掲載


 
ご案内
【 会員募集状況 】

 最近、たくさんの方々から入会の申込みがあり、本会
  の設立趣旨が少しづつご理解され浸透して行ってるもの
 と思われます。大変嬉しくもあり有り難く思っています。

 自ら活動する事によって周りの人々に影響を与え、共
に活動して行くことによってトライアスロン界発展のた
めの一助に繋がって行くよう願っています。
今後とも一  緒に盛り上げて行きましょう!

 本会は会則も会費もないそして年齢制限もないクラブ
です。このホームページをご覧の方でまだ入会されて
ない方は仲間になって、私たちと一緒に活動して行っ
てください。

詳しくは設立趣意書欄をご覧ください!!!


 【 ツアー案内 】

WILD EDGE ニュージーランド


HP:http://www.wildedgenz.com/
BLOG:http://ameblo.jp/ironyoko/

オークランドにお住いでアイアンマンNZ情報
に精通されている堀夫妻のサポートが一番!
レース居残り組の観光ツアーもやって頂けます。
新たに、来年行ってみたいとと思われる方も
是非堀夫妻に直接連絡してみてください。





活動記録 更新6月17日
   アイアンマン70.3セントレア知多半島ジャパン!
              開催日:2017年6月11(日)

               大会hpはこちら→ http://ironman703.jp/
               大会記録はこちら→ http://ironman703.jp/result/
 
                                                         (写真はhpから転載)




    *・。*・。*・。*・。*・。*・。*・。*・。*・。*・。*   
★*☆*あけましておめでとうございます*☆*★
   *・。*・。*・。*・。*・。*・。*・。*・。*・。*・。*   
2017年 元旦   
     
       


他人からの押し付けではなく自らが決断した行動にこそ価値がある

しかしながら他人からの助言を決して無視してはいけない
それらの秘められた沢山の言葉の中に自分の未来が隠されているのだ

 




     世界との差を改めて認識アイアンマン2016

            
             開催日:2016年10月8日(日)

           世界中から集まった2300人のアイアンマンが集うトライアスロンの祭典
            カイルア湾の波を越え、コナウイドに立ち向かい、溶岩台地を走りぬく
                  ほとばしる気力によって自らの勝利が決まる

          コナウインドは幸いにして中くらいだったが最高気温は30℃以上まで上昇
                何故ハワイでは十分に力が発揮でき無くなるのか?
                そう思いたくなるくらい自問自答の長い時が過ぎた

              仲間の荒い息づかいで我に返り新たな気持ちがよみがえる
                   ペダルを踏み込みそして足を前に進める
                 フィニッシャーズロードの先にはゴールゲートが待っている
                        そして歓喜の瞬間が!


                            大会Hpはこちら→  ココ
                           全参加者はこちら →  ココ
                           完走記録はこちら →  ココ
                         スタート状況はこちら  →  ココ

                           ゴール状況はこちら  →  ココ
                                 写真はこちら  →  ココ
                               大会動画はこちら  →  ココ

                            稲田氏の動画はこちら  →  ココ

区分 氏 名 総合順位 年代別順位 スイム バイク ラン 完走時間
M35-39 三田 博史 940 176 1:13:19 5:31:03 3:47:43 10:46:10
M50-54 室谷 浩二 1267 96 1:08:06 6:03:07 3:59:16 11:20:35
F55-54 芝   容子 1893 25 1:31:38 7:12:34 4:28:34 13:28:04
F55-54 宮   優子 1920 32 1:42:50 7:00:02 4:40:39 13:39:19
M60-64 中本 行宏 1923 46 1:44:26 7:10:42 4:30:05 13:41:20
M45-49 長谷部 吉紀 1991 254 1:28:01 6:58:57 5:27:38 14:15:57
M70-74 宗政 義仁 2024 1:36:58 7:23:00 5:21:03 14:33:20
M65-69 堀野 正明 2067 27 1:40:56 7:03:58 6:00:09 14:57:34







          アイアンマン・ケアンズ終了
                     開 催 日 : 2016年6月12日(日)

       今大会で特に話題を呼んだのは日本人アスリートだけに与えられたコナスロット30、
       幸運を味わい噛みしめたアスリートに祝福の言葉を投げかけたい。
       もちろん従来の一般枠コナスロット75でも参加権利を獲得したアスリートも多く、今年
       10月8日(土)のハワイ大会では沢山の日本選手がコナの街を行き交う事になるだろう! 
       今からワクワクの期待感あり!

       レース当日の朝は夜半の雨で濡れていたが、全天は今にも降り出しそうな曇天の中、
       プロから一般へとローリングスタートで次々と荒れる波・ウネリの中へ飛び込んでいった。
       途中、段々と大きくなる波・ウネリに加え、海面を激しく叩く雨粒に不安を感じながら泳ぎ、
       強くなっていく風に不安を感じた!
       後で知った事だが、スイム最後の方ではレスキュウー隊員から即海岸に向かって泳ぐ
       ように指示されたとの事、それだけ切羽詰まった状況だったことが分かった。
       (スイムで日本人47歳男性が死亡)

       段々と強まる風のためペダルは重く、弱る体力と気持ちを持ちこたえるのに必死、
       幸いなことに気温は低めで雨はほとんど降らなかったのが良かった。
       しかしながら、帰路の海岸線約60kmは向かい風で、たいそう難儀した!

       アスファルトや木板の道(径)、公園や波止場の径と大変に変化にとんだランコース。
       その上、腕が当たりそうになる狭くて行ったり来たりの複雑コースでの3周回は辛かった。
       しかし、街中であるため沢山の応援者からの声が掛けがあり、辛い気持ちを癒してくれた。

                             大会Hpはこちら→  ココ
                             完走記録はこちら→  ココ

   女子総合1位(9:06:18) Jodie Swallow      男子総合1位(8:15:03) Tim Van Berkel




                                                         (写真はfbから転載)






*・。*・。*・。*・。*・。*・。*・。*・。*・。*・。*
★*☆*
あけましておめでとうございます*☆*★
 *・。*・。*・。*・。*・。*・。*・。*・。*・。*・。*

2016年 元旦  
     
    

一歩 そしてまた一歩 力づよく走るんだ
心に秘めた 一途な気持ちで
自分のために 頑張るんだ!

 




      ありがとう 感動のアイアンマンハワイ!
             開 催 日 : 2015年10月10日(土)

         

        スイム3.86km、バイク180.2km、ラン42.2km
           遥か1.9km先の見えないヨットを目指し
          コナウインドの吹きすさぶ溶岩台地を駆け抜け
         暗闇の中に薄く白く伸びる道しるべをひたすらたどる
          その向かう先にフィニッシュゲートが待っている
         心・技・体に裏打ちされた2000名を超える選手が挑戦した


                      大会Hpはこちら→  ココ
                      完走記録はこちら→  ココ
                      動画はこちら→  ココ
                         写真集は→ ココ
   
                男子1位  ドイツ  Jan Frodeno  8:14:40
   
                女子1位  スイス  Daniela RYF  8:57:57



    アイアンマンジャパン北海道
              開 催 日 : 2015年8月23日(日)

                         大会Hpはこちら→  ココ
                         完走記録はこちら→ ココ




   アイアンマン70.3セントレア知多半島ジャパン
             開  催  日 : 2015年6月7日(日)

                         大会Hpはこちら→  ココ
                         完走記録はこちら→ ココ
         Top 5 Men

1

Robins, Mitchell

AUS

0:22:43

2:19:52

1:18:18

4:04:59

2

Ryan Waddington

AUS

0:22:51

2:21:46

1:17:52

4:06:37

3

Reithmeier, Alex

AUS

0:22:46

2:20:47

1:19:48

4:07:30

4

Tohara, Kaito

JPN

0:22:54

2:24:02

1:18:13

4:09:09

5

Sundberg, Swen

DEU

0:22:55

2:22:59

1:25:26

4:15:45

         Top 5 Women

1

Shiao-Yu Li

TPE

0:29:17

2:34:24

1:28:21

4:37:40

2

Keiko Tanaka

JPN

0:24:51

2:38:32

1:31:31

4:39:14

3

Bree Wee

AUS

0:23:04

2:42:54

1:38:12

4:49:34

4

Stef Puszka

AUS

0:28:47

2:42:58

1:32:44

4:50:44

5

Emi Sakai

JPN

0:29:18

2:42:11

1:34:17

4:51:29

           




   
                           2015年1月1日 ひので


  \|/    *・。*・。*・。*・。*・。*・。*・。*・。*・。*・。*     \|/ 
 ─☆─   ★*☆*あけましておめでとうございます*☆*★  ─☆─
 /|\    *・。*・。*・。*・。*・。*・。*・。*・。*・。*・。*     /|\
2015年 元旦  
     
     

常に前向きで問題を解決して行けば必ず道は開ける
苦しくても真剣に取り組み好きな事をやり通せば悔いはない
目標をかかげ努力しその先にある成し遂げた新しい自分を目指そう





      久々に大荒れのアイアンマンハワイ2014
            開催日:2014年10月11日(日)

          ” Kona Wind ” が吹き荒れ、吹き飛ばされたBikerも多数、
            価値ある完走を成し遂げたトライアスリートに栄えあれ!
            そして此れからアイアンマンハワイを目指す仲間の皆々も、
          ”憧れのハワイ/コナ” を目指して頑張ろうではないか!

                              大会Hpはこちら→ ココ
                              完走記録はこちら→ 
ココ
                          日本人完走記録はこちら→ ココ
                               写真集は→ ココ

                   
Ironman World Championshipの動画はこちら→ココ
区分 氏 名 総合順位 年代別順位 スイム バイク ラン 完走時間
60-64 堀野 正明 1686 40 1:44:14 6:45:03 4:59:02 13:40:02
65-69 村中 信一 1692 1:36:07 7:06:29 4:47:20 13:42:36
65-69 宗政 義仁 1744 11 1:46:50 7:33:07 4:39:47 14:10:44
65-69 延賀 浩二 1758 13 1:46:09 7:46:12 4:28:21 14:16:43







     アイアンマンジャパン北海道
             開催日:2014年8月24日(日)

            昨年と違って、くもり一時晴れところにより小雨と言う
            絶好のコンディションの中で開催されました。



                     大会全般に関する感想あれこれ!
       スイムコース
           水温22度、体感的には丁度良かった。ブイは1周目1600メートルの
           折り返しのブイ(白)が大きくなったのか分かりやすかったが、
           全体的にはまだブイが少なく、泳ぎながらの水上ではヤッパリ見にくい。

       バイクコース
           相変わらずの厳しいアップダウンだが、途中で集中的に雨が降った時間が
           有ったものの、気温が去年より高かったので問題なく走りやすかった。
            木製の橋も濡れてなかったのと、去年より丈夫に作られていたためか?
           問題なかった。

       ランコース
           去年、道路照明のライトが眩しすぎるとの事で、ライトに覆いがかぶせてあり、
           眩しさがかなり軽減されていたがやはり暗い。
           特に折り返し前後のエイドの少ない所は、路面も悪く危なかった。
           去年の経験で分かっている何人もの人は、ペンライトを持って走っていた。
           大会側も、その呼びかけが必要かも?

       トランジッッション
           去年と同じ場所で且つ土の公園、前夜まで雨だったので去年と同様にドロドロだった。
           これを一番改善してほしい!
           バイク終了時にボランティアにバイクを渡し、ボランティアが2台ずつくらい引いて
           バイクラックに持って行ってくれるのは有難いことだが、移動する際容赦なく
           ドロドロ土の中を通るのでディレーラーの中までドロドロ状態。
           翌朝、皆々がドロドロバイクを返され愕然とした。本当にこれだけは何とかしてほしい。

       【参考】 白戸太郎氏談:大会で使用される気になる資材のこと。
            水 7000L・スポーツドリンク 3500L・Coke 1320L・バナナ 4000本・スポンジ7000個・カラーコーン 4000個
            規制看板 240枚・ボランティア&スタッフ 3200人・お弁当 8000個

                              
大会Hpはこちら→ ココ 
                                   動画をシェア

区分 氏 名 総合順位 年代別順位 スイム バイク ラン 完走時間
55-59 脇本 正子 790 1:31:48 7:04:58 6:01:44 14:55:15
55-59 倉橋 由美子 934 1:31:42 7:52:36 5:51:27 15:39:53
60-64 槙本 美恵子 848 1:58:33 7:12:32 5:44:45 15:15:20
40-44 武田 英明 59 1:13:26 5:48:15 3:33:14 10:46:01
45-49 石倉 恵介 28 1:03:06 5:40:32 3:28:32 10:18:31
45-49 小松   亮 122 27 1:04:09 6:35:05 3:34:16 11:23:13
45-49 田中 弘治 470 91 1:14:27 7:04:23 4:36:21 13:22:26
45-49 吉岡 純一 630 124 1:23:38 7:02:05 5:19:37 14:07:03
50-54 角谷 禎和 446 57 1:19:15 7:11:20 4:31:50 13:14:53
50-54 倉光 善之 522 67 1:29:37 7:44:05 4:07:50 13:39:16
50-54 木倉   博 525 68 1:14:06 6:59:40 5:09:18 13:40:07
50-54 杉永 一顕 735 104 1:26:01 7:37:14 5:09:39 14:39:12
60-64 堀野 正明 205 1:24:00 6:17:06 4:04:58 11:58:26
60-64 石田 義和 777 21 1:31:31 7:09:45 5:47:35 14:46:51
65-69 村中 信一 335 1:21:55 6:29:54 4:33:44 12:40:06
65-69 延賀 浩二 492 1:30:43 7:16:25 4:22:05 13:31:02
65-69 槙本   深 1095 11 1:30:15 8:11:53 6:58:35 16:54:56
70-74 中川 隆二 604 1:32:52 7:12:21 4:58:42 14:02:11
70-74 汐元 登志夫 1097 1:39:17 :27:19 6:16:22 16:55:41

       
     



  アイアンマン70.3セントレア知多・常滑ジャパン!
                開催日:2014年6月1(日)

               大会hpはこちら→ http://ironman703.jp/
               大会記録はこちら→ http://ironman703.jp/result/


        今年のアイアンマン70.3セントレア知多・常滑ジャパンは、
        2014年9月にカナダのモントレンブラントで開催されるアイアンマン、
        70.3世界選手権の参加資格が年齢別上位25名に与えられました。
        ただし今年は、ハワイ島コナで開催されるアイアンマン世界選手権の
        参加資格の付与はありません。

             

区分 氏 名 総合順位 年代別順位 スイム バイク ラン 完走時間
50-54 川上 雅子 162 35:44 2:48:33 1:44:46 5:15:43
55-59 宮   優子 302 45:07 2:44:06 1:54:42 5:34:23
60-64 槙本 美恵子 1019 1:07:19 3:14:32 2:16:55 6:52:11
60-64 廣田 美代 1232 45:25 3:20:15 3:07:19 7:38:42
65-69 青木 昌隆 688 45:25 2:53:30 2:19:34 6:12:44
65-69 槙本  深 1228 14 48:40 3:04:59 3:28:57 7:37:11



           ===2014年を新体制でスタート!===
                             

              2007年1月1日に設立し,同年6月17日「アイアンマンジャパン」開催
              の翌日、長崎県五島市に於いて地元長崎テレビ局取材を受けての発
              足会を開催しました。
              そして2013年8月31日「アイアンマンジャパン」が場所を北海道に移
              して開催され、日本のアイアンマンに新しい歴史が刻まれました。

              この間、全国に各支部を配しより地元に密着した活動ができるように
              しつつ、会員数も100名に達するに至りました。
              そこで8年目を迎えたお目出度い新年、2014年1月1日に新体制で
              再スタートすることになりましたので、ここに3役員のご挨拶を致します。



                                   


                   JIC会長退任のご挨拶

                                  顧問 石井 英機

              JICが設立されて満7年が経過しました。この間、合計100名の皆さ
              んがその設立趣旨にご賛同されて加盟していただいております。
              熱烈な大会レポートを寄せていただき感動と勇気をもらっていること、
              より良き大会にすべく大会のよかった点と改善のための提案なども発
              信していただいてること、大会で会員同志が親睦を深め切磋琢磨す
              ることができていることなど、JICの趣旨に沿った活動ができているも
              のとありがたく感謝申し上げます。

              このほど会長を退任させて頂きますが、初代会長として力不足の点を
              お詫び申し上げ、これまでの皆さまのご協力に改めて深く敬意を表し
              感謝申し上げる次第です。

              トライアスロンのますますの発展を期すためには、新たな布陣で臨む
              ことが必要です。会員増の最大の功労者でありHPをここまで充実して
              くれた宗政氏に次の会長になって頂き、大いにリーダーシップを発揮
              していただくことと致しました。
              皆さんのご理解と相変わらずのご協力をお願い申し上げる次第です!


                                   


                   JIC会長就任のご挨拶

                                  会長 宗政 義仁

              先ずはJIC設立と同時に会長の大役を担って頂いた前石井会長に、
              心からお礼と感謝の意を表します。
              トライアスロン愛好者の増大を目的とし、「アイアンマン」と言う”冠”を
              掲げ本クラブが発足してから満7年、この間クラブの目指す本意をご
              理解いただき、着実に会員が増加してきたことをこの場をお借りして
              お礼申し上げます。

              大変に喜ばしい嬉しい事ではありますが、今日ではお好みの大会に
              出場することが甚だ困難な状況になってきました。特に「アイアンマ
              ンレース」に於いては一年先の大会に参加するための努力なくして
              は参加できなくなってきました。
              とは言うものの、今後とも生涯スポーツとしてのトライアスロンを楽し
              みつつ挑戦し続けて行くことには変わりはありません。

              会員各位におかれましては、この素晴らしい健康スポーツである
              「トライアスロン」をより広くスポーツ仲間に知ってもらい、共に喜びを
              共有できるたくさんのトライアスリートを増やす努力をして行って貰い
              たいと思っています。
              そして、機会あってこのホームページをご覧になったスポーツ愛好者
              の皆さんが、興味を持って「トライアスロン」を始められ、行く行くはア
              イアンマンに挑戦・完走され仲間になって欲しいと切に願っています。
              一緒に「トライアスロン」を楽しみましょう! 


                                   


                   JIC事務局長のご挨拶

                               事務局長 脇本 正子

              初めまして、この度、日本アイアンマンクラブ事務局長を担当させてい
              ただくこととなりました脇本正子と申します。
              私がトライアスロンを始めたのが、図らずもJICの誕生と同じ年7年前、
              私が50歳の年でした。以後7年間、チームで、トレーニングで、そして
              レースで、大勢の方々と出会い、充実した日々を過ごさせて頂いてお
              ります。

              これもトライアスロンのお蔭と感謝し、後7年間東京オリンピックの年
              まで、アイアンマンレースに出れたらいいなあと思っております。
              これから、宗政新会長をサポートしながら、日本アイアンマンクラブを
              盛り立てていきたいと思っております。
              どうぞ、お気軽に、何でも結構ですので、情報、要望、投稿など事務
              局宛てにお寄せいただきますよう、よろしくお願い致します!