*・。*・。*・。*・。*・。*・。*・。*・。*・。*・。* 
 ★*☆*あけましておめでとうございます*☆*★
*・。*・。*・。*・。*・。*・。*・。*・。*・。*・。*
2018年 元旦

   





   
気付こう! 
日常の生活の中にはまだまだ沢山やりたい事が残されている事に気付こう

挑戦しよう!
他人の物まねではなく自分独自の視点と工夫で地道に改善する事に挑戦しよう
創っていこう!
繰返す努力の中で苦しみを楽しみに変えながら新しい自分の世界を創っていこう

 


 

活動報告 更新11月25日

2017年11月25日  河原勇人氏 【2017 Ironman Malaaysia 参戦レポート!】を投稿欄に掲載

2017年11月06日  事務局より  【2017アイアンマンハワイの写真集!】をこのページ下の活動記録欄に掲載

2017年11月01日  小松亮氏 【トライアスリートの聖地KONAに再び戻るために!】を投稿欄に掲載

2017年10月28日  小川忠吉氏 【表彰台に上れた事は想像したことも無かった!】を投稿欄に掲載

2017年10月07日  濱田隆之氏 【2017アイアンマン・コリア・グレ大会レポート!】を投稿欄に掲載

2017年09月10日  丹羽良志輝氏 【2017ITUロングディスタンスエイジ別世界選手権レポート!】を投稿欄に掲載

2017年09月07日  小川忠吉氏  【IRONMAN CANADA WHISTLERに行ってきました!】を投稿欄に掲載

2017年09月05日  冨田宏氏    【2017IRONMAN70.3 QUJINGへの旅!】を投稿欄に掲載

2017年08月14日  塚原登氏    【2017Ironman Cebu70.3報告!】を投稿欄に掲載


 
ご案内
【 会員募集状況 】

 最近、たくさんの方々から入会の申込みがあり、本会
  の設立趣旨が少しづつご理解され浸透して行ってるもの
 と思われます。大変嬉しくもあり有り難く思っています。

 自ら活動する事によって周りの人々に影響を与え、共
に活動して行くことによってトライアスロン界発展のた
めの一助に繋がって行くよう願っています。
今後とも一 緒に盛り上げて行きましょう!

 本会は会則も会費もないそして年齢制限もないクラブ
です。このホームページをご覧の方でまだ入会されて
ない方は仲間になって、私たちと一緒に活動して行っ
てください。

詳しくは設立趣意書欄をご覧ください!!!


 【 ツアー案内 】

WILD EDGE ニュージーランド


HP:http://www.wildedgenz.com/
BLOG:http://ameblo.jp/ironyoko/

オークランドにお住いでアイアンマンNZ情報
に精通されている堀夫妻のサポートが一番!
レース居残り組の観光ツアーもやって頂けます。
新たに、来年行ってみたいとと思われる方も
是非堀夫妻に直接連絡してみてください。





活動記録 更新11月6日

           

              2017年10月14日(土) 開催
                                 大会Hpはこちら  → ココ
                                完走記録はこちら → ココ

                                       大会動画はこちら → ココ
                                白戸太朗「スポーツ“TRY”アングル」より  ココ

                  大会写真はこちら → ココ



       PATORICK  LANGE               DANIELA  RYF
         新記録達成                   8:50:47
  

                        レース状況



                        その他





 
   アイアンマン70.3セントレア知多半島ジャパン!
              開催日:2017年6月11(日)

               大会hpはこちら→ http://ironman703.jp/
               完走記録はこちら→ http://ironman703.jp/result/
 
                                                         (写真はhpから転載)





    *・。*・。*・。*・。*・。*・。*・。*・。*・。*・。*   
★*☆*あけましておめでとうございます*☆*★
   *・。*・。*・。*・。*・。*・。*・。*・。*・。*・。*   
2017年 元旦   
     
       


他人からの押し付けではなく自らが決断した行動にこそ価値がある

しかしながら他人からの助言を決して無視してはいけない
それらの秘められた沢山の言葉の中に自分の未来が隠されているのだ

 




     世界との差を改めて認識アイアンマン2016

            
             開催日:2016年10月8日(日)

           世界中から集まった2300人のアイアンマンが集うトライアスロンの祭典
            カイルア湾の波を越え、コナウイドに立ち向かい、溶岩台地を走りぬく
                  ほとばしる気力によって自らの勝利が決まる

          コナウインドは幸いにして中くらいだったが最高気温は30℃以上まで上昇
                何故ハワイでは十分に力が発揮でき無くなるのか?
                そう思いたくなるくらい自問自答の長い時が過ぎた

              仲間の荒い息づかいで我に返り新たな気持ちがよみがえる
                   ペダルを踏み込みそして足を前に進める
                 フィニッシャーズロードの先にはゴールゲートが待っている
                        そして歓喜の瞬間が!


                            大会Hpはこちら→  ココ
                           全参加者はこちら →  ココ
                           完走記録はこちら →  ココ
                         スタート状況はこちら  →  ココ

                           ゴール状況はこちら  →  ココ
                                 写真はこちら  →  ココ
                               大会動画はこちら  →  ココ

                            稲田氏の動画はこちら  →  ココ

区分 氏 名 総合順位 年代別順位 スイム バイク ラン 完走時間
M35-39 三田 博史 940 176 1:13:19 5:31:03 3:47:43 10:46:10
M50-54 室谷 浩二 1267 96 1:08:06 6:03:07 3:59:16 11:20:35
F55-54 芝   容子 1893 25 1:31:38 7:12:34 4:28:34 13:28:04
F55-54 宮   優子 1920 32 1:42:50 7:00:02 4:40:39 13:39:19
M60-64 中本 行宏 1923 46 1:44:26 7:10:42 4:30:05 13:41:20
M45-49 長谷部 吉紀 1991 254 1:28:01 6:58:57 5:27:38 14:15:57
M70-74 宗政 義仁 2024 1:36:58 7:23:00 5:21:03 14:33:20
M65-69 堀野 正明 2067 27 1:40:56 7:03:58 6:00:09 14:57:34








          アイアンマン・ケアンズ終了
                     開 催 日 : 2016年6月12日(日)

       今大会で特に話題を呼んだのは日本人アスリートだけに与えられたコナスロット30、
       幸運を味わい噛みしめたアスリートに祝福の言葉を投げかけたい。
       もちろん従来の一般枠コナスロット75でも参加権利を獲得したアスリートも多く、今年
       10月8日(土)のハワイ大会では沢山の日本選手がコナの街を行き交う事になるだろう! 
       今からワクワクの期待感あり!

       レース当日の朝は夜半の雨で濡れていたが、全天は今にも降り出しそうな曇天の中、
       プロから一般へとローリングスタートで次々と荒れる波・ウネリの中へ飛び込んでいった。
       途中、段々と大きくなる波・ウネリに加え、海面を激しく叩く雨粒に不安を感じながら泳ぎ、
       強くなっていく風に不安を感じた!
       後で知った事だが、スイム最後の方ではレスキュウー隊員から即海岸に向かって泳ぐ
       ように指示されたとの事、それだけ切羽詰まった状況だったことが分かった。
       (スイムで日本人47歳男性が死亡)

       段々と強まる風のためペダルは重く、弱る体力と気持ちを持ちこたえるのに必死、
       幸いなことに気温は低めで雨はほとんど降らなかったのが良かった。
       しかしながら、帰路の海岸線約60kmは向かい風で、たいそう難儀した!

       アスファルトや木板の道(径)、公園や波止場の径と大変に変化にとんだランコース。
       その上、腕が当たりそうになる狭くて行ったり来たりの複雑コースでの3周回は辛かった。
       しかし、街中であるため沢山の応援者からの声が掛けがあり、辛い気持ちを癒してくれた。

                             大会Hpはこちら→  ココ
                             完走記録はこちら→  ココ

   女子総合1位(9:06:18) Jodie Swallow      男子総合1位(8:15:03) Tim Van Berkel




                                                         (写真はfbから転載)







*・。*・。*・。*・。*・。*・。*・。*・。*・。*・。*
★*☆*
あけましておめでとうございます*☆*★
 *・。*・。*・。*・。*・。*・。*・。*・。*・。*・。*

2016年 元旦  
     
    

一歩 そしてまた一歩 力づよく走るんだ
心に秘めた 一途な気持ちで
自分のために 頑張るんだ!